エレクトロタップ使わずに純正配線を分岐する方法【見た目すっきり・防水処理も!】

車関係
スポンサーリンク
応援お願いします!
PVアクセスランキング にほんブログ村

今回はエレクトロタップを使わずに配線を分岐する方法を紹介します。

こんな人におすすめ!
  • ウインカーのLED化で抵抗を入れたい人。
  • スモールランプやブレーキランプを増設したい人。
  • その他、配線の分岐で見た目すっきりさせたい人。
  • 配線の分岐で接触不良をなくしたい人。

配線の分岐で一番有名で簡単なのがエレクトロタップを使う方法ですよね。

社外品の電装系の商品にもエレクトロタップが付属されていたりします。

真ん中の赤い物体がエレクトロタップ

けどエレクトロタップは簡単なだけでデメリットの方が多いと思うんですよね。

エレクトロタップのデメリット
  • 大きいので場所を取る。
  • 見た目が悪い。
  • 防水処理をしにくい。
  • 接触不良になりやすい。

多くの場合、配線作業は一度やってしまえばその後あまり触ることがないですよね。

なので、エレクトロタップよりもひと手間加えて、見た目すっきりで接触不良になりにくい方法で配線を分岐することをおすすめします!

タイラップはなくても良い。

これが見た目すっきりの分岐後の姿です。

タイラップはなくても良いので、更にすっきりさせることが出来ますよ!

私はこの方法で配線の分岐をしてきて、一度も不具合が起きたことがありません!

エレクトロタップにありがちな接触不良をなくせて、安心して運転に集中できます。

この記事では
  • エレクトロタップを使わずに配線を分岐する方法。
  • 分岐部分の防水処理方法。

を中心に紹介していきます。

スポンサーリンク

必要なもの

  • はんだごて・はんだ
  • ニッパー(先が鋭いものが良い)
  • ビニールテープ
  • 接着剤(防水処理用)
  • (タイラップ)

はんだはハードル高いと思うかもしれませんが、案外簡単です。

私も全くの未経験でしたが、慣れたらスムーズに出来るようになりました!

作業する場所で電源を取れない人が多いと思いますが、電池式のはんだごてもあります。

かなり使い勝手が良いみたいなので、はんだごてを持ってない人は電池式がおすすめですよ!

ニッパーは元の配線の被覆を剥くのに使います。

元の配線の中の芯線を傷つけないように先が鋭いものが良いですよ!

ビニールテープははんだ付けした個所を覆うために使います。これはホームセンターで安く売っているもので良いです。

接着剤は防水処理に使いますが、これは絶縁性が必要です。

私はセメダインのスーパーXクリアという多用途・高機能接着剤を使っています。

セメダイン:Q&A(よくある質問)工業用

接着剤の中では導電性があるものもあるので注意して選んでください!

タイラップはなくても良いのですが、固定するのになにかと便利です。

配線の整理にも使うので、とりあえず持っていて損はないですよ♪

配線の分岐作業

フロントウインカー配線:緑色がプラス線、黒と白がマイナス線

これはウインカーの配線で、LED化で抵抗を入れるために分岐していきます。

冒頭の写真のエレクトロタップを外した配線が、今回分岐作業するものです。

エレクトロタップによって被覆に傷がついてますが、こうして配線内部の芯線にエレクトロタップの金属部分が触れることで通電して分岐する仕組みですね。

配線の被覆が厚かったりするとエレクトロタップの金属部分に当たりにくくて接触不良になったりします。

今回の作業の手順
  • 分岐する配線の被覆を剥く。
  • 追加する配線の芯線を巻き付ける。
  • 分岐部分をはんだ付けする。
  • 防水・絶縁処理で接着剤を付ける。
  • ビニールテープで保護する。
  • タイラップで固定する。

写真のような、2ヶ所の分岐は慣れれば15分程度で終わりますよ♪

ニッパーで被覆を剥く

まず始めに分岐したい配線の被覆をニッパーで剥いて芯線を3~5mm程度露出させます。

この写真の芯線は数本切れていますが、これはエレクトロタップで切れてしまったものです…。

中の芯線を切らないように慎重に行ってくださいね!

多少切れてもはんだ付けするので問題はありませんが、完全に分断されると補修する手間が増えてしまいますよ!

追加する配線の被覆を剥いて巻き付ける

追加する配線の被覆は10mm程度剥くと良いです。

短いと巻き付けにくいですが、長すぎると巻いた箇所が太く膨らんでしまいます。

私の経験上は10mm程度がちょうどよいです。

これが巻き付けたところ。

追加した配線の芯線がちょうど良い太さですね♪

ここで追加した配線の方向にも気を使ってください。

はんだ付けすると芯線が固まって配線の方向を変えられなくなります。

写真のように配線を流したい方向に流してからはんだ付けに入りましょう。

分岐箇所のはんだ付け

こちらがはんだ付けした写真です。

分岐元の芯線と、巻き付けた芯線がしっかり固定されました。

はんだ付け作業では車の塗装や部品を痛めないように細心の注意を払いましょう!

私はたくさんタオルを引いて、その上ではんだ付けしています。

はんだの熱が車の部品等に伝わりにくいような工夫ですね。

写真ではタオル1枚がちらりと見えているだけですが、実際は畳んで分厚くしたタオルをたくさん引いて行いました。

プラス線とマイナス線、両方のはんだ付けが終わりました。

防水・絶縁処理で接着剤を塗る

私が使用しているのはセメダインのスーパーXクリアという接着剤です。

写真のようにビニールテープをあらかじめ受けるように貼っておき、分岐部分にスーパーXを塗りつけます。

分岐部分をスーパーXが覆うことで防水処理になるんですね。

そしてビニールテープを巻き付けて完了です。

スーパーXが乾くまではヌルヌルしてビニールテープが動きやすいんですよね。

なので私はタイラップで固定しています。

このタイラップは後で外しても良いですが、特にかさばらないし見た目も悪くないので私はこのまま使っています。

以上がエレクトロタップを使わない配線の分岐作業です!

まとめ

BEFORE / AFTERの写真ですが、どうでしょうか?

配線がかなりすっきりとしていますよね?

見た目がすっきりしているだけでなく、はんだ付けによって接触不良もほぼありません!

はんだ付け作業も実際にやってみると簡単であっさりと終了しますよ。

なので、このようにひと手間加えた配線の分岐をおすすめします♪

注意点はとにかく、はんだごてが車のボディや部品に当たらないようにすること!

触れたら一発で塗装は痛みます!気を付けるのはそこだけですよ!