おすすめの筋トレグッズ4選【初心者・上級者向け】

その他
応援お願いします!
PVアクセスランキング にほんブログ村

今回の記事では筋トレに必須と言えるレベルの筋トレグッズを紹介したいと思います。

筋トレの中でも特に、

ダンベルやバーベルなど重量的な負荷をかけて行うトレーニングをする人

に向けておすすめします。

筋トレグッズは上級者が使うものを思いがちですが、そんなことは全くありません。

  • 怪我を防ぐため。
  • トレーニングの効率を良くするため。

に必要なものなので、上級者や初心者に関わらず使うべきだと思います。

安心してトレーニングを行うため手に入れておきましょう。

リストラップ

リストラップは手首に巻き付けて使うサポーターの様なものです。

有効な種目の代表はベンチプレスで、手首に負担がかかりやすい種目では必要不可欠と言っても良いものです。

リストラップを使う目的・メリットとしては、

  • 手首の保護
  • 手首がブレないので「力」を伝えやすい
  • その結果、高重量が扱えるのでトレーニングの効率が上がる

など、安全性を高めてトレーニング効率を良くするためにリストラップを使います。

ベンチプレスで手首を痛めるのはよくある事で、私もその経験があります。

痛めている間は満足にベンチプレスができなくなり、トレーニング効率が悪くなるしモチベーションも下がるので絶対に避けるべきです。

軽い重量でも手首を痛めることは平気で有り得ますので、

初心者でもリストラップを使用することを強くおすすめします。

一方でリストラップを過信して自分が扱えないような重量にチャレンジすることも考えられます。

手首以外の肘や肩などに必要以上の負荷が掛かって怪我をするかもしれないので、十分に注意してトレーニングをしましょう。

おすすめ、gangsta リストラップ

スリングショットという競技者レベルの筋トレ業界では有名なメーカーのリストラップです。

個人的には柔らかすぎず固すぎず、ちょうど良い適度な固さがかなり気に入っています。

私は主にベンチプレスで使用していますが、アップの40kgから100kg以上の高重量まで何の不安・不満もありません。

一番の特徴は、手首への巻き付け方が従来のリストラップと少し変わっていて、数種類の巻き付け方ができます。

自分の気に入った巻き付け方を見つけたら使用感は抜群に良くなります。

また、カラーリングは7種類もありオシャレ感も忘れていません。

IPF(国際パワーリフティング連盟)の公認品なので、国内外のパワーリフティング大会でも使用できます。初心者にも上級者にもおすすめできるリストラップです。


こちらの記事でgangstaリストラップを詳しくレビューしています。

トレーニングベルト

トレーニングベルトも筋トレには必要不可欠なアイテムです。

主にはスクワットやデッドリフトなど腰に負担がかかる種目で使いますが、ベンチプレスなど上半身の種目でも使います。

トレーニングベルトを使う目的・メリットとしては、

  • 腰の保護
  • 腹圧を使えるので全身の出力が上がる
  • その結果、高重量が扱えるのでトレーニングの効率が上がる

など、安全性を高めてトレーニング効率を良くするためにトレーニングベルトを使います。

スクワットやデッドリフトで腰を痛める人がたくさんいます。私もその一人です。

腰を痛めるとほとんどのトレーニングができなくなるだけではなく、生活にも影響が出てきます。

寝てるだけでも痛いなんてこともありましたので、その苦しみがよくわかります。

トレーニングベルトも初心者・上級者に関わらず、必ず使用するようにしましょう!

腹圧を使うと体幹が安定して、腰痛などの怪我の予防だけではなく高重量を扱いやすくなります。

トレーニングベルトは怪我の予防と効率アップのために必要な道具なのです。

おすすめ、king2ring パワーベルト

king2ringには比較的安価でしっかりとした商品がたくさんあります。

有名メーカーのトレーニングベルトだと1~2万円程度となかなか高くて手が出ない商品もたくさんあります。

6000円台でも全く問題なく使えており、実際にパワーリフティングの試合で使用している人もたくさんいます。

それだけしっかりした商品であるとわかりますね。

私はこのベルトを2年ほど使用してスクワットは160kgまで、デッドリフトは210kgまで挙げられるようになりました。

リストストラップ(パワーグリップ)

リストストラップは怪我の予防というよりはトレーニング効率を上げるために使用するものです。

リストラップと名前が似ていますが、全く異なるものです。またリストストラップとパワーグリップはほとんど同じ効果ですが使用感が若干変わってきます。

リストストラップ(パワーグリップ)を使う目的・メリットとしては、

  • 握力の補助・滑り止め効果
  • 余計な力が必要なくなるので狙った部位へ刺激を入れやすい
  • その結果、トレーニング効率が上がる

私はリストストラップとパワーグリップの両方持っており、デッドリフトや懸垂など背中系の種目で使用しています。

デッドリフトで高重量を扱うときは握力が足りなくなってバーベルを落としてしまうことがあります。危険ですのでリストストラップを使っています。

パワーグリップは懸垂やダンベルローイングなどで使用しています。リストストラップよりも着脱が簡単なので便利です。

一方リストストラップ(パワーグリップ)のデメリットとして、

握力を鍛えられない。

と言うことが挙げられます。

デッドリフトや懸垂でも握力を鍛えたい人はいると思いますが、これらのアイテムを使うことで握力をほとんど使わないことになるので、リストストラップなどを使わないか個別で握力を鍛える必要があります。

握力もしっかり鍛えたい人は良く考えてから使用してくださいね。

おすすめ、king2ring レザーリストストラップ

こちらもking2ringの商品ですが、安いのにモノはとてもしっかりしています。

私は主にデッドリフトの高重量で使用していますが、ナイロン系のリストストラップでは耐久性に不安があるので本革のこの商品を使っています。

柔らかくて使いやすく、滑り止め効果も問題なくて満足の使用感です。

最初は若干固いのですが、数回使えばしなやかな使用感になります。

レザーリストラップについては商品ごとの差があまりないように思うので、king2ringの商品で決まりです。

おすすめ、ALLOUT パワーグリッププロ

正直に言うと無名メーカーの部類になると思いますが、その分安いです。

安いけどパワーグリップとしては必要十分な使用感です。

実はVERSA GRIPPSと言うアメリカで有名なメーカーのパワーグリップも持っているのですが、こちらはALLOUTのパワーグリップの2倍以上も高いのです。

個人的な感想ですがALLOUTとVERSAのパワーグリップの違いがほとんど感じられません。笑

なのでALLOUTのパワーグリップで満足いくトレーニングを行えます。

こちらがVERSA GRIPPSのパワーグリップの画像です。

ちなみにリストストラップとパワーグリップの使い分けですが、

まずパワーグリップはリストストラップと比べると耐荷重性が弱いです。

200kg以上のデッドリフトでパワーグリップがちぎれてしまったなんてことを複数の友人から聞いています。

なので私はデッドリフトではリストストラップ、それ以外ではパワーグリップを使用しています。

まとめ

ということで今回の記事では、おすすめの筋トレグッズをまとめてみました。

筋トレにおいては怪我を予防することが最重要ですので、

リストストラップとトレーニングベルトに関しては必ず使った方が良いと思います。

怪我をすると時間も無駄に過ぎて行きますし、せっかく鍛えた筋肉が衰えてしまいます。

また効率アップも重要で、私の場合はリストストラップとパワーグリップの導入が遅かったのですが、初めて使った時は衝撃でした。

こんなに狙い通りに筋肉を使えるものなのかと…!

むしろ初心者の方が使うべきものだと感じます。

快適なトレーニングライフのために、ぜひ参考にしてください。

※当記事で紹介したおすすめ筋トレグッズ

▶gangsta リストラップ

▶king2ring パワーベルト

▶king2ring レザーリストストラップ

▶ALLOUT パワーグリッププロ

▶VERSA GRIPPS PRO