タイヤワックスの水性・油性の違いとメリット・デメリット【使い方とおすすめ3選】

車関係
応援お願いします!
PVアクセスランキング にほんブログ村

今回の記事ではタイヤワックスの選び方についてまとめました。

タイヤワックスにはかなりの種類があり、どれを選べば良いのか難しいところだと思います。

最近はよく、油性のタイヤワックスは石油系溶剤が入っていてタイヤにダメージを与えてしまうと言われていますね。

私自身もタイヤに優しい水性のタイヤワックスを使っています。

タイヤ交換は決して安いものではないので、長持ちさせるためにもタイヤワックスの特徴を把握していきましょう。

この記事では水性と油性の違いとそれぞれのメリット・デメリットをまとめています。

今まで数種類のタイヤワックスを使ってきたので、「使いやすさ」にも注目した選び方も紹介していますので参考にしてください!

タイヤワックスを使う目的と効果は?

タイヤワックスは艶出し剤とも呼ばれるように、主な目的・効果はタイヤに艶を与えてカッコよくすることですね。

それ以外での効果としては、タイヤワックスがタイヤの表面を覆うことで紫外線から保護してくれるというもの。

紫外線はタイヤを劣化させてしまい、ヒビ割れの原因になります。

つまりタイヤワックスは、タイヤの艶を出すことと保護して長持ちさせるために使うものと言うことです。

前述の通り、油性のタイヤワックスはタイヤにダメージを与えてしまうおそれがあるので、タイヤの保護という目的には向いていないということになります。

そのため、最近は水性のタイヤワックスがたくさん発売されています。

水性・油性の違いとメリット・デメリット

それでは水性と油性のメリットとデメリットをチェックしていきましょう。

水性のタイヤワックスの特徴
メリット
  • タイヤにダメージを与える石油系溶剤が入っていないので、タイヤに優しい。
  • 深みのある、タイヤ本来の黒さを際立たせるような艶になる。
デメリット
  • 水溶性なので洗車や雨などの水で落ちやすく、耐久性で油性に劣る。
油性のタイヤワックスの特徴
メリット
  • テカテカな強い艶を得られる。
  • 洗車や雨などで落ちにくく、耐久性がある。
デメリット
  • 石油系溶剤が入っていてタイヤにダメージを与えてしまう。

簡単にまとめると、

タイヤの艶:油性 > 水性

タイヤの保護:水性のみ。※油性はタイヤの保護ができない。

ということになります。

個人的には油性のバチバチの艶が好きですが、水性のおとなしめの艶が好きと言う人もいますね。

油性のタイヤワックスはタイヤにダメージを与えるということで、タイヤワックスの効果の1つである「タイヤの保護」という目的を達成できていません。

なので私は水性のタイヤワックスを選んで使っています。

長持ちさせるためにタイヤには劣化防止剤というものが練り込んでありますが、石油系溶剤がその劣化防止剤を落としてしまうため、油性のタイヤワックスがタイヤにダメージを与えてしまうと言われています。

タイヤワックスの使い方

基本的にはどの商品もタイヤに塗り込むだけです。

ですが表面に汚れがついたままでは定着が悪いので、タイヤを洗ってから使用します。

タイヤの洗い方は水で流してブラシなどで擦るだけですが、頑固な汚れが付いている場合のみカーシャンプーを使って擦り洗いですね。

この時、ブラシが車のボディやホイールに傷を付けないように注意しましょう。

気にしすぎも良くないかもしれませんが、毎回洗剤を使ってガシガシ洗うと劣化防止剤が落ちて長持ちしにくくなってしまうと思って基本水のみで洗うようにしています。

また、洗浄効果があるタイヤワックスもあります。

タイヤにスプレーして数分放置したら艶出しまで済んでいるというものですね。だいたいの場合、垂れてホイールについてしまう商品が多いですよ。

(私の)タイヤワックスの選び方

私がタイヤワックスを選ぶ際の条件は、

  • 水性である事。
  • 施工時にボディやホイールに付きにくそうなもの。
  • 使いやすさ・塗りやすさ。

です。

タイヤを長持ちさせるために水性であることが第一条件ですね。

タイヤワックスはおおまかに分けると、

  • ボトルスプレータイプ
  • 缶スプレータイプ
  • 乳液タイプ
  • 直塗りタイプ

の3種類がメインです。

この中で缶スプレータイプは噴射範囲をコントロールしにくく、ボディやホイールに付着しがちなので避けています。

ボトルスプレータイプと乳液タイプに関しても、使う際はスポンジやタオルに取ってから使っています。

直塗りタイプはガラコのようなガラスコーティング剤に似ており、容器にスポンジ部分がくっついていてそれでタイヤに直接塗り込むので楽です。

それでは使用感も含めて簡単に商品を紹介していきます。

ソフト99 「ディグロス ギラエッジ」

水性タイヤワックス
艶:★★★★★
使いやすさ:★★★★☆
耐久性:★★☆☆☆ 2週間程度
※直塗りタイプ

このタイヤワックスは水性なのに艶が凄いです!笑

私は油性くらいのギラギラ感が好きなので、この艶を水性で得られるのがかなり高評価でした。

直塗りタイプなのでボディやホイールに付く心配もなく使いやすかったです。最初はスポンジ部分に液体がなじむまでは中央部分しか塗れないですよ。

スポンジがタイヤのサイドウォールの形になっているので、ホイールとの隙間にも塗りやすく高評価でした。

水性でツヤツヤ、しかも使いやすいのでギラエッジを愛用しています。

シュアラスター 「タイヤワックス」

水性タイヤワックス
艶:★★★☆☆
使いやすさ:★★☆☆☆
耐久性:★★★★☆ 1ヶ月半程度
※乳液タイプ

これは珍しい乳液タイプですね。

艶と言うよりはタイヤ本来の「黒さ」を出してくれます。私の好みではないですが、深みのある「黒」が好きな人はたくさんいますよね。

そんな人におすすめです。

使いやすさですが、付属のスポンジではタイヤの文字や柄のミゾに塗りにくいので、私は小さいブラシを使っていました。

それでも伸びが悪いのでタイヤ全体に塗るために、何度も乳液を足さないといけないのが難点です。

耐久性は地味にあって、他の水性のタイヤワックスよりは持ちます。

ギラギラの艶じゃないから持続性があるように見えますね。

ソフト99 「ブラックマジック」

水性タイヤワックス
艶:★★★★☆
使いやすさ:★★★☆☆
耐久性:★★★★☆ 1ヶ月半程度
※直塗りタイプ

こちらもソフト99の商品です。

艶はギラエッジには負けるけど、なかなかのものです。

これも直塗りタイプなので塗りやすいです。直塗りタイプの良いところは、スポンジなどに付け足す必要がないところですね。

ギラエッジとの違いとしては、防汚性能があるのと若干耐久性があるということですね。

私は比較的頻繁に洗車してタイヤワックスも塗るので、耐久性よりも艶が欲しいです。

ブラックマジックはギラエッジとだいたい同じくらいの値段ですが、内容量が約2倍あるのでコスパが優秀です。笑

まとめ

タイヤワックスの目的・効果、使い方とおすすめ商品を紹介してきました。

タイヤワックスは個人的な好みが出るので選ぶのが難しいと思いますが、水性である事と艶の程度に注目すると選択肢が狭まってくると思います。

本来の目的は艶出しと「タイヤの保護」です。油性のタイヤワックスにこだわりがないのであれば水性のタイヤワックスを選ぶようにしましょう。

また、タイヤワックスを塗る作業でタイヤの状態をよく見ることができますね。

キズやヒビ割れ、ふくらみなど以上が無いかチェックしましょう!

チェックポイントはこちらの記事で紹介していますので、読んでみてください。