【オートウェイ】ネット通販なら安い!車のタイヤ交換の手順を取り付けまで紹介【日本全国対応】

車関係
応援お願いします!
PVアクセスランキング にほんブログ村

今回の記事では私が今まで、自分の車や会社の車、友達の車などでタイヤ交換を安く済ましてきた方法を紹介しようと思います。

安く済ませられた友達からはよく感謝されます。笑

こんな人におすすめ
  • 車検の見積もり等でタイヤ交換を指摘された。
  • タイヤが摩耗してきたので交換したい。
  • ディーラーでの交換は高いし、タイヤの種類の選択肢が少ない。
  • 格安タイヤから高級タイヤまで、色々なタイヤから選びたい。
  • スタッドレスタイヤなどスペアタイヤを安く買いたい。
  • タイヤの点検をして異常が見つかった。

ネット通販なら多くの種類のタイヤから選べるのと、実店舗よりも安く交換できるのが特徴です。

今回紹介するオートウェイと言うサイトでは日本全国にタイヤピットと呼ばれる提携工場・店舗があり、そこに直接送るように手配できるので、納品されたら車を持って行けば交換までしてもらえるのでとにかく楽に済ませられます。

また、こだわりが無い人は有名メーカー製ではない格安タイヤにすると良いと思います。ブリジストンやヨコハマタイヤの様な国産メーカーの半分程度の金額で新品タイヤに交換することができたりしますよ!

ネット通販なのでタイヤは自分で選ぶ必要がありますが簡単なので安心してください。

この記事でタイヤ選びから取り付けの手配までの手順を説明していきます。

オートウェイのタイヤ交換の流れ
  • 自分の車のタイヤサイズを調べる。
  • オートウェイのサイト内でタイヤを検索する。
  • 近所の取り付け工場・店舗(タイヤピット)を選ぶ。
  • 注文したタイヤはタイヤピットに届く。
  • そのタイヤピットに車を持って行き、交換してもらう。

オートウェイの良いポイントは取り付けまでセットで手配できるところです。ほとんどの通販サイトは送られてきて受け取るまでで終わりなので、その後が面倒なんですよね…。

ただでさえ高い車の維持費を安くしてランニングコスト低減を図りましょう!

どれくらい安くタイヤ交換できるの?

タイヤ自体の価格はメーカーやモデルによってピンからキリまでありますが、国産メーカーと欧米のメーカーは高めで、中国・台湾・韓国などのアジアのメーカーは安いタイヤを製造しています(アジアンタイヤ)。

どれくらい安くタイヤ交換できるか、ディーラーで交換の相場とオートウェイで交換した場合の価格の比較を簡単にしてみます。

ディーラーオートウェイ
国産タイヤ
オートウェイ
アジアンタイヤ
コンパクトカー
(175/65R14)
5~8万円4万円3万円
ミニバン
(205/55R16)
8~15万円6万円4万円
セダン
(225/45R18)
15~25万円8~10万円5~6万円
SUV
(225/55R18)
10~20万円7~10万円5~6万円
それぞれの価格はあくまで目安です。記事後半で具体例を挙げています。

どうでしょうか?だいたいディーラーの半額程度で交換できることがわかると思います。

多くの場合ディーラーで交換されるタイヤは国産かもしくはミシュランやグッドイヤーなどの有名メーカーのものなので高いのは当然です。

しかし、オートウェイで同じタイヤに交換したらディーラーよりもグッと安く交換できます

安いで有名なアジアンタイヤに交換する場合はさらに費用を抑えることが可能。

最近のアジアンタイヤは安くても品質が良くなってきていて、国産メーカーのタイヤとほとんど変わらないなんて評判になっていますよ!

こだわりや抵抗が無い人、車の維持費を安くしたい人にはアジアンタイヤがおすすめですよ♪

自分の車のタイヤサイズを調べる。

車に詳しい人なら言うまでもありませんが、まず始めに自分の車のタイヤのサイズを把握しましょう。そのサイズをもとにオートウェイのサイト内でタイヤを検索していきます。

サイト内では車種からも検索できるようになっていますが、最終的にタイヤサイズを確認して注文することになるので私はいつもサイズを最初に調べています。

タイヤサイズはタイヤの側面に表示されています。この写真の黄色の〇の中には

225/55R18 98H

と書かれていますが、【225/55R18】がタイヤサイズです。この【225】と【55】と【18】の3つの数字をメモしておきましょう。【R】はラジアルタイヤであることを示していますが、ほとんどの乗用車のタイヤはラジアルタイヤです。Rは特に気にしなくて大丈夫です。

タイヤサイズが表しているもの

225/55R18を例にすると、

225 → タイヤの幅

55 → 扁平率

18 → タイヤの内径(ホイールのサイズと一致)

そしてタイヤサイズの後ろの【98H】ですが、これはタイヤのスペック的なものの表示です。

数字はロードインデックスと呼ばれており、タイヤが耐えられる荷重を示しています。簡単に言うと数字が大きければ頑丈と言うことです。純正のタイヤど同数値かそれ以上の数値のタイヤなら問題ありません。

アルファベットは速度記号と呼ばれ、走行可能な最高速度を示しています。こちらも純正と同じかそれ以上なら問題はありません。

速度記号最高速度(km/h)
N140
P150
Q160
R170
S180
T190
H210
V240
W270
Y300

タイヤサイズが把握出来たらオートウェイのホームページで実際に検索してみましょう!

セダンやスポーツクーペでは前後のタイヤでサイズが異なる場合があります。念のため前後ともタイヤサイズを確認するように!

オートウェイのサイト内でタイヤを検索する

【サイズから探す】をクリックして自分のタイヤサイズを探してクリックすると、そのサイズのタイヤが全て表示されます。この中から予算・金額やレビューなどを参考に選んでいきましょう。

表示されている金額はタイヤ1本あたりの価格なので、4本全て変える場合はその価格の4倍であることに注意してください。

高級タイヤを4本交換するとなるとかなりの金額ですが、これでもオートウェイだから安い方なんですよ…!

聞き覚えがない人が多いと思いますが、台湾のメーカーの【NANKANG(ナンカン)】のタイヤは安くて高品質であると評判です。

レビューを見ても、乗り心地や静粛性などを褒める言葉だらけでした。国産にこだわらないのならば、安くて高品質なNANGKANのタイヤを選択肢に入れてみてはいかがでしょうか?

近所の取り付け工場・店舗(タイヤピット)を選ぶ

タイヤを選んだらショッピングカートに入れて購入手続きを行います。この時、タイヤの本数が間違いないように必ず確認してください。4本全部交換したいのに1本しか注文していないなんてことないように!

氏名や住所などを記入したら、配送先を聞かれますのでタイヤピットを選びましょう。そうすれば入力した自宅の住所近辺の取り付け店舗を自動でリストアップしてくれます。その中から選べばオーケーです。

支払い方法まで入力して注文を終了させたら後日タイヤピットの取り付け店舗から連絡が来るので、日程調整をして注文は完了となります。

工賃はタイヤピット全国統一で安心

タイヤピットでのタイヤ交換工賃はあらかじめ決まっているので安心です。

インチ1本あたり工賃(税別)
15インチ以下1,800円
16~18インチ2,200円
19~20インチ2,700円

このインチと言うのは【225/55R18】で言うところの【18】の部分ですね。

この工賃で、古いタイヤ外し・新タイヤ組付け・ホイールバランス取りまで込みになっています。1本あたりの工賃なので4本交換なら4倍になることに注意してください。

1本あたりの工賃なので4本交換なら4倍になることに注意ですね。

また、廃タイヤ処理代やバルブを交換した場合のバルブ代は別料金です。

廃タイヤもバルブも1本300~500円程度の店舗が多いと思います。

18インチで4本交換の工賃は8,800円(税別)で、高い…?と思いがちですが、これ実際安いです。古いタイヤ外し・新タイヤ組付け・ホイールバランス取りの3作業までしてもらったら1本あたり5,000円してもおかしくないですから。

ホイールバランスとは:タイヤ+ホイールの重心は、実はど真ん中にありません。専用の機械でバランスを図り、ホイールにバランスウエイトという重りを付けて重心を真ん中に持って行く作業をホイールバランス取りと言います。

これをしないとハンドルがブレたりと走行に支障が出るので必要な作業です。

結局どれくらい安く交換できるの?

それでは私の車(スバル・フォレスター)のタイヤを交換するとして、具体的に金額を計算してみます。

交換するタイヤはかなり評判が良い台湾のメーカーのNANGKANの【SP-9】の【サイズ:225/55R18】とします。

オートウェイでNANGKANのタイヤに交換した場合
  • 新品タイヤ 11,330円(1本) × 4本 = 45,320円
  • タイヤピット工賃 税込2,420円(1本) × 4本 = 9,680円
  • 廃タイヤ処理代 500円(1本) × 4本 = 2,000円
     ※廃タイヤ処理代は店舗によって異なります。
  • 合計 57,000円

か、かなり安いですよね!?私の車の純正装備はブリジストンのタイヤなのですが、ディーラーで同じタイヤにしたら20万円近くになると思います…。

アジアンタイヤにはNANGKANよりも安いタイヤがあります。本気を出せばもっと安く交換できるということです…。笑

念のため、オートウェイで国産メーカーの高級タイヤに交換した場合も計算してみましょう。例:ブリジストンのレグノ【GRVII】の【サイズ:225/55R18】

オートウェイで高級タイヤ・レグノに交換した場合
  • 新品タイヤ 29,620円(1本) × 4本 = 118,480円
  • タイヤピット工賃 税込2,420円(1本) × 4本 = 9,680円
  • 廃タイヤ処理代 500円(1本) × 4本 = 2,000円
  •  ※廃タイヤ処理代は店舗によって異なります。
  • 合計 130,160円

純正タイヤよりもグレードアップさせたのにディーラーよりも安く交換できそうですね!こだわり派の人にもおすすめですよ。

まとめ

タイヤを安く交換する方法を紹介してみました。

通販サイトなら品ぞろえが多く、格安タイヤから高級タイヤまで安く交換できます。

オートウェイの良いところは、取り付け店舗にタイヤが送られるので自分は車を持って行くだけで済むところですね。とにかく楽です。

自分ですることは、タイヤサイズを調べて注文するだけですから車に詳しくない人にも問題ないですよ。

ディーラーや自動車工場で高い金額の見積もりを出された人は、一度ストップしてオートウェイのサイトを覗いてみてはいかがでしょうか?

車の交換部品の中で高い部類に入るタイヤですが、オートウェイを上手く利用して維持費を安くしていきましょう!