車に置くだけ充電可能なQi対応スマホホルダーと取り付け方法を考える。

車関係
応援お願いします!
PVアクセスランキング にほんブログ村

今回の記事では車に置くだけ充電ができるスマホホルダーの取り付け方を紹介します。

置くだけ充電はQi(チー)と言うワイヤレス給電の国際標準規格の呼び名です。

Qi対応のスマホであれば、充電器も差さずに置くだけで非接点で充電できる便利なものです。

車載向けのQi対応のスマホホルダーのほとんどがスマホを置いたり、スイッチを押すことでスマホを挟んで固定してくれるタイプなので楽なんですよね。
※バイク用のスマホホルダーはガッチリとスマホを固定する必要があるためダイヤルを回して挟み込むタイプが主流です。

ほとんどの車種でスマホを置くための収納スペースが純正で設定されているのは稀です。あってもオプションでそこそこ高価なパターンが多いですね。

私の車ではオプションでもQi対応のスマホ置きスペースはありません。

最近のスマホは大型化してきたのもあって運転中にポケットに入れておくと邪魔に感じます。カップホルダーに置いていますが、安定しないのでどうしても気になっています。

以前から運転中のスマホ置き場に頭を悩ませていたので、今回は車内のスマホホルダーの後付けについて考察してみました。

車載向けスマホホルダーの取り付け方は3種類

市販の車載向けスマホホルダーはほぼ汎用品しかなく、取り付け方がおよそ3種類に分かれています。

  • エアコンの吹き出し口に挟むタイプ
  • カップホルダーに収めるタイプ
  • 吸盤でダッシュボードなどに付けるタイプ

社外品を後付けしようとしたら、これらのどれかから選ぶことになってしまいそうです。

私がスマホホルダーを付ける際に優先したかったのは、本来の車の機能を損なわずに付けることでした。

エアコンの吹き出し口に付けるタイプは吹き出し口を1つ失うことになるのと、暖房を使う冬ではスマホが熱くなってしまうのではという心配からやめました。

カップホルダーに収めるタイプはカップホルダーを1つ失いますし、見栄えもあまり良くなかったのでこれも無し。

吸盤のタイプは付ける位置がだいたいダッシュボードなので視点移動も少なく、なにか機能が失われてることはないのでなかなか良いかと思いました。しかし1つ気になるのは、ダッシュボードに付けたとして、外した時に吸盤が付いていた場所に跡が残ってしまうのではないか?ということでした。

ダッシュボードは紫外線が一番よくあたる場所で、樹脂系統は色が褪せたりする可能性があります。実際にやったわけではないのでどうなるかはわかりませんが、どうしても気になってしまったので吸盤タイプもやめることにしました。

じゃあどうしたのか?

色々調べた結果、バイクに使うクランプバーをどうにか取り付けて、そのクランプバーにバイク向けのQi充電対応のスマホホルダーを取り付けるのが良さそうだと思いつきました!

クランプバーを車に使う

クランプバーはバイクのハンドル周辺に追加で取り付ける、文字通り棒状のもので、それこそスマホホルダーだったりメーターだったりを載せるためのアイテムです。

車載スマホホルダーの4種類の固定方法以外でしっかりと取り付けるのがネックだったのですが、バイク向けの商品ならその点もクリアできると思いました。

しかしそこで重大な問題がありまして、それは

クランプバーを車内で固定するために、車のインパネ等に穴あけ加工する必要がある。

ということです。

クランプバーはボルトで固定するものが普通なのです。

最後まで吸盤タイプとクランプバーを使う固定方法で悩んだのですが、最終的にはクランプバーとバイク向けスマホホルダーに決断しました。

判断材料としては、

  • 穴あけ加工をする個所が限りなく目立たない場所で、クランプバーを外してもほぼ問題ない箇所に付ければ良い。
  • なによりも元々の車の機能を損なう方法で取り付けはしたくなかった。
  • 私はこの車を今後もずっと乗り続けていくつもりでいる。

以上の条件を満たす人はぜひ検討する価値があると思います。

インパネに穴あけ加工をすることに抵抗がある人は多いと思いますので、最終手段になると思います。笑

穴あけ加工をしたくない人は従来の固定方法から選ぶことになりますね。

バイク向けスマホホルダーはUSBポートが使えない

車載向けスマホホルダーは通電させるためにUSBポートにケーブルを差し込むのが主流ですが、バイク向けはそうではありません。

バイクは車体全体が雨など水に濡れるのが前提のため、USBポート設定していないのでしょう。

そのため、バイク向けスマホホルダーを使う場合は配線作業が必要になります。

やることは簡単ですが、初めての人は少しハードルが高いかもしれません。

私は配線系をいじったことがあるので、問題なく取り付けできそうです。

取り付けた後に、配線方法も記事にしたいと思います。

まとめ

運転中のスマホ置き場問題は根深いです。

だからこそ社外品でスマホホルダーがたくさん販売されているのだと思います。様々な固定方法があって選択肢があるのはありがたいことですが、個人的に納得できない方法が多かったので今まで導入できずにいました。

私は運転が好きなので、運転環境を良くするために今回の様な考察をして導入することに決めました。

穴あけや配線など若干本格的な加工が必要になりますが、こだわりの運転空間を実現したい人はどうか参考にしてください。