【2020.7月】米国株・ETF買い増ししました。【XOM/RDS.B/IBM】

米国株
スポンサーリンク
応援お願いします!
PVアクセスランキング にほんブログ村

2020年の7月も半分が過ぎましたが、先週個別株とETFを買い増ししたので報告します。

7月に入ってからは急激な動きはないものの、日ごとに見るとやはりハイボラな日が多いと思います。

それでも相場は段々と落ち着きを取り戻してきたような印象です。

これが嵐の前の静けさなのか、本格的にコロナショックの回復相場入りなのかはわかりません。

しかし、日本でも世界中でも新型コロナウイルス新規感染者はガンガン増えていますね。

ロックダウンのような経済活動を停止させるような政策が出てき始めたら、再度急落する展開も想像できます。

そんななか、私は7月10日に買いを入れました。

以下、詳細をお見せします。

スポンサーリンク

買い増しした3銘柄

今月買い増しした銘柄は次の通りです。

2020年7月前半に買った銘柄
  • XOM:6株買い増し 合計16株へ
  • RDS.B:8株買い増し 合計20株へ
  • IBM:4株買い増し 合計6株へ

全て7月10日に買い増ししました。

心境としては、極端な動きが無い中で淡々と買い増しを進めるだけといったところ。

コロナの新規感染者数がうなぎのぼりなので急落が頭の中にはあります。

ですが、個々の銘柄を見ると買いの水準まで下げていたので買ったわけです。

エネルギーセクターについては若干リスキーな印象があります。

ですが、底を超えた気がするので今の水準なら買っても良いかなぁくらいの気楽さで買いました。

RDS.Bは減配しました。XOMも減配するかもしれないのは想定内です。

無配にならなければ御の字だと思っています。

買い増しした銘柄の保有状況

XOM

XOMは個別銘柄としては初めて買った銘柄です。

今回の買い増しで取得平均単価をグッと下げることができました。

近いうちにさらに6株程度買い増して、投入金額として1,000ドル程度にするつもりです。

RDS.B

大減配をくらったRDS.Bですね。

この銘柄は減配後でも4%程度の配当利回りがあり、しかもNISA口座で買えば完全な非課税になります。

現在の状況で業績に期待はできませんが、数年後に期待。

もし以前の水準の配当に戻ったなら、現在の株価で買えたことがかなり喜ばしいと思えるでしょう。

IBM

今まで私のポートフォリオ内で最小投入額でいたIBMです。

こちらも1,000ドル程度は投入するつもりでしたので、単純に買い増しです。

以前買ったところよりも安く買えました。

この建玉は買った直後にガンガン上がっていき、一気に7.9%もの含み益となりました。

買い増ししたいので、急騰は自重してほしいです…。

配当見通し

今回買い増ししたことで向こう1年間で受け取る配当が増えました。

今回の買い増しで増える受け取り配当金
  • XOM6株で、20.88ドル
  • RDS.B8株で、10.24ドル
  • IBM4株で、26.08ドル
  • 合計 57.20ドル(税引前)

直近12ヶ月の配当合計額に今回買い増しした株数をかけて計算していて、この金額は向こう1年間で受け取る配当金の予想額です。

増配すれば増えるし、減配すれば減る。

減配にならないことを祈るばかりです。

セクター別投入金額割合

こんな円グラフを作ってみました。

これは購入額ベースです。

生活必需品セクターには優良な銘柄が多く、割合が多くなるのはしかたないかな。

少し気になったのはエネルギーセクターの割合が大きいこと。

通信・ハイテクセクターの割合を増やすのと、公益セクターも仲間入りさせようかと思案中です。

債券ETF(BND)も徐々に買い増ししようか悩み中。

今後の狙い

7月後半もXOM,RDS.B,IBMの買い増しをしようと思っています。

買った直後に急騰したので少し傍観中。

ですが基本的にはこの教訓。

買う。高くなったら安いうちに買えて良かったじゃん。

買う。安くなったら買い下がれば良いじゃん。

この教訓をベースに淡々と買い増ししていきます。

が、どれも急いで買うわけではないのでタイミングは見ます。

では、また月末にポートフォリオを公開します!