バイク用Qi充電スマホホルダーを車に取り付けた。

車関係
応援お願いします!
PVアクセスランキング にほんブログ村

今回はバイク向けスマホホルダーを車に取り付けたので、その方法を紹介したいと思います。

何故わざわざバイク用のものを車に付けるかの理由は「車の元々の機能を損なわずに付ける。」ことにこだわったためです。

詳細は以下の記事を読んでみてください!

そして今回取り付けたスマホホルダーはこちらです。

内容物全て ギボシや予備ヒューズなどがあり親切です。

Qi充電対応のスマホホルダーのほとんどは無名の中国製メーカーのものです。

私は卓上のQi充電対応のスマホスタンドもAmazonで買って持っており、それも無名の中国製ですが、充電能力には全く問題がありません。今回も問題が無いことを期待してこちらの商品にしました。

下の写真が実際の完成形です。

取り付け位置は車種によって変わってきますが、私の車ではカーナビとエアコンパネルの下・手前になりました。運転中に視界の邪魔にならず、停止中に少し触る時には便利な位置で満足しています。

それでは取り付け方を紹介します。

取り付けに必要なもの

今回は車にバイク用のスマホホルダーを付けるため、少し必要なものがあります。

  • スマホホルダー本体
  • クランプバー
  • ヒューズボックスからの電源取り出し差し替えコード
  • ギボシ(私のスマホホルダーには同梱されていました。)
  • 検電テスター

クランプバーはスマホホルダーを固定する支柱のようなものです。これを車体に取り付けるために穴あけ加工が必要になります。

クランプバーの取り付けイメージはこちら。

クランプバーは様々な形状がありますので、それぞれ車種・取り付け位置の形状に応じて選んでください。以下のAmazonの商品リンクページ内で色々な形のクランプバーを見ることができます。

また、このスマホホルダーでスマホを準電するために電源を取る必要がありますよね。

なのでスマホホルダーに電気を供給するためにヒューズボックスから電源を取ります。そのためにヒューズを差し替えて使う専用の商品が必要です。この手の商品は車のDIYで有名なエーモンのものが安心です。

スマホ自体がQi充電対応でないと、意味がありません。自分のスマホがQi充電対応かどうかスマホのメーカーのホームページ等で必ず確認してください。

2股の必要はないのですが、近所のお店に2股分岐加工のものしか置いていませんでした…。

私はやむを得ず2股分岐加工のものを買いましたが、2股である必要はありません。若干価格が上がるので通常の1股のもので十分です…。

ヒューズの端子の形は数種類あり、ヒューズも電流の大きさごとに分かれています。自分の車から電源を取り出す方法に応じて選びましょう。※以下記事内で失敗談あり…。

最後にギボシについてですが、このスマホホルダーの電源コードはプラスもマイナスもクワガタ端子になっています。しかしヒューズからの電源取り出しのコードはギボシ端子になっています。なので、クワガタ端子をギボシ端子に変えるために必要です。

この写真の右側上がクワガタ端子で、赤がプラス配線、黒がマイナス(アース)線です。左が電源取り出しコードのギボシで、このギボシに合うように中央右下のギボシを赤のクワガタ端子を切り取って取り付けます。ギボシにはオス・メスがあるので形をよく見て間違えないようにしましょう。

ちなみに今回のスマホホルダーにはギボシが3組分同梱されていました。クワガタ端子をギボシ加工するのは想定内のようでした。

検電テスターについては以下、取り付け方の中で登場します。

本編:取り付け方

取り付け作業の流れは以下のようになります。

  • スマホホルダー本体配線のクワガタ端子をギボシ端子に取り換えて、本体とヒューズ電源取り出しコードを繋げる。
  • 車内のヒューズボックスから電源を取る。
  • クランプバーを車内に取り付ける。
  • スマホホルダーをクランプバーに付ける。
  • 最後に配線隠し、束ねて整理する。

ヒューズボックスから電源を取り出すなど、未経験者からすると不安があるかもしれませんが実際は簡単です。詳しくはDIYラボのホームページで解説を読んでみましょう。読んでみて自分にできるか判断するのが良いと思います。

クワガタ端子をギボシ端子に取り換える。

本体から直接電源コードが出てきている。

本体の電源コードの先っぽが先ほどの写真の赤と黒のクワガタ端子になっています。

最初に赤(プラス)のクワガタ端子をギボシ端子に変えて、エーモンのヒューズ電源取り出しコードに差せるようにします。

黒(マイナス)のクワガタ端子はこのまま使用するので赤と黒を間違えないように!

こちら完成図です。

右側の黒のコードがスマホホルダー本体からのプラス配線で先をギボシ(オス)に変わっています。左のヒューズ電源取り出しコードのギボシ(メス)に差し込んで下準備は終了です。

配線にギボシを付ける際に電工ペンチというものが必要です。私は普通のペンチでやりましたが、失敗したくない人は電工ペンチを使うようにしましょう。

ギボシ端子を電工ペンチで正しくかしめる(付ける)方法 ※外部リンク(DIYラボ)

車内のヒューズボックスから電源を取る。

この作業が一番面倒かもしれません…。

と言うのは、車種にも依りますがヒューズはこのようにたくさんあり、その中から適したヒューズを探す工程が必要だからです。

ヒューズボックスのカバーの裏側

しかしこの工程はおろそかにするとバッテリー上がりなどのトラブルにつながる可能性があるのでちゃんと取り組みましょう。

車の電源は系統が分かれており、大まかに3種類あります。(もっとありますが、簡単に3種類とします。

  • 常時電源
    文字通り常時電気が流れている。バッテリーに直接繋げたのと同じようなものでバッ直(ばっちょく)などと呼ばれる。
  • ACC電源
    車をアクセサリーONの状態にしたら電気が流れる。
  • イグニッション電源
    エンジンをかけたら電気が流れる。

この中で私はACC電源から電気を取ることにしました。

まず常時電源はバッテリー上がりにつながりやすいので却下です。このスマホホルダーは裏側にON・OFFのスイッチがあるので、駐車時はOFFにすればバッテリー上がりは防げますが、OFFにし忘れる可能性もありますから…。

ACC電源とイグニッション電源は正直どちらでも良かったのですが、エアコンやカーナビってアクセサリーONで起動しますよね?なんとなくスマホホルダーも同じにしたかったのでACC電源にしました。

数多くあるヒューズの中からACC電源のヒューズを探すためには検電テスターが必要になります。この検電テスター作業が一番面倒なんです…。

ACC電源をヒューズから取り出す方法 ※外部リンク(DIYラボ)

検電テスターを使わなかった失敗談

私は最初、ヒューズボックスカバーの裏を見て、15Aの”WIPER DEICE”から電源を取ろうと考えていました。ワイパーってアクセサリーONの状態で動きますよね?横着で検電テスターの作業を飛ばそうとして、安直な判断をしてしまいました。

そのため記事の冒頭に登場した15Aのヒューズ電源取り出しコード買ったのですが、実際には”WIPER DEICE”は常時電源でした…。

他の15Aのヒューズに変更しようとしましたがACC電源が見つからず…。

結局10Aのヒューズ電源取り出しコードを買いなおしました…。

横着せずちゃんと検電テスターを使いましょう!安全のためにも必要な作業です。

で、どうにか電源を取り出すヒューズを見つけたら電源取り出しコードのヒューズと交換しましょう。これでプラス電源を確保することが出来ました。

あとはマイナス(アース)を確保するだけです。

アースは黒のクワガタ端子を車内の金属部分に咬ませることで確保できます。私は写真のようにボルト部分に咬ませました。

このアースの方法をボディアースと呼びます。

これでスマホホルダーに電気を供給することが出来ましたね。

本体裏のスイッチをONにして通電していればこのように青いランプが点灯します。通電確認がしやすかったです。

このタイミングでスマホを置いて充電が開始されるか確認してみましょう。

クランプバーを車内に取り付ける。

この工程は車種によって変わります。車種ごとにインパネの外し方を調べてください。

私はインパネに穴をあけてボルトでクランプバーを固定しましたが、ボルトが目立たない位置を探しました。

下からのぞき込むことでやっとボルトが見えます。これなら目立たないので良しとしました。

車種ごとのインパネの外し方は、みんカラというホームページが便利です。投稿型のサイトなので全ての車種の解説があるわけでなないですが、スバルでも解説があって助かりました。笑

スマホホルダーをクランプバーに付ける。

残りの工程は消化試合のようなものです!笑

スマホホルダーの輪っか部分をクランプバーにはめ込むだけで直感的にわかります。

固定したクランプバーへのスマホホルダーの取り付けは、付属の六角レンチで締めるタイプでした。力が入りやすく締めこみやすくて便利でした。

最後に配線隠し、束ねて整理する。

仕上げは見栄えを良くするため、そして配線が運転の邪魔にならないようにするために必ず行いましょう。配線が丸見えだとそれだけでダサくなりますので…。

このスマホホルダーには結束バンドが2本付属していました。メーカーも配線を整理することを促していますね。笑

運転席の下からのぞき込むとペダルの上の空間にたくさん配線があります。既存の配線を引っ張りすぎないように注意しながら、今回追加された配線を束ねて足元から見えないように整理します。

以上で、取り付け作業は終了です。お疲れさまでした。

スムーズに行えば1時間くらいで全て終わると思います。不慣れな人でも2時間はかからないんじゃないかな。

使い勝手について

今まではスマホを運転中もポケットに入れていたりカップホルダーにスマホを置いたりしていたのですが、それと比べて見える位置に固定できるのはとっても便利ですね。

当然運転中にスマホを触ることはありませんが、信号で停止した時に音楽を再生や曲選びするにも非常に使いやすいです。

操作の途中に信号が青になってスマホから手を放しても、スマホが足元に落ちることはありません!笑

今回取り付けたスマホホルダーへのスマホの固定方法は、本体右側のダイヤルを回して左右からスマホを挟み込むというものです。

車向けのスマホホルダーは通電していれば自動で開閉してスマホを挟み込んでくれるものがあり、それと比べれば少し手間がありますが、自分のスマホにあった幅で設定すれば上からスライドさせるように固定することが出来ました。

微妙に緩くすればダイヤルを回す必要なく取り出すことも、再度固定することができ、その状態で運転しても振動でブレることはありませんので十分な固定力があります。ブレないから運転中に変に気になることもありませんよ。

元々バイク用で、バイクの走行中にスマホが落ちないように固定力は強くできているようですね。

今回紹介した、「バイク用のスマホホルダーを車に取り付ける。」というのはかなりマニアックだと思うので、実際にやる人はいないんじゃないかと思います。

が、少しでも気になった人がいたなら、その人は車や運転空間にこだわりがあるひとでしょう。

そんな人に少しでも参考になればとこの記事を書いてみました!

※当記事で紹介した商品

Kaedear(カエディア) バイク スマホ ホルダー qi ワイヤレス 充電 

クランプバー

エーモン ミニ平型ヒューズ電源 DC12V・60W/DC24V・120W 

エーモン ギボシ端子セット

エーモン 電工ペンチ

エーモン 検電テスター