おすすめ、gangstaリストラップのレビュー・巻き方

その他
応援お願いします!
PVアクセスランキング にほんブログ村

今回の記事では私がおすすめするgangstaリストラップを詳しく紹介したいと思います。

今まで5つのリストラップを使ってきた中で一番使用感が良く、信頼を置けるものです。

友人にも好評で、私の周りに愛用している人が数人います。

  • リストラップを持っていなくて、どれを買えば良いかわからない人
  • 既に持っているリストラップが柔らかすぎるor固すぎるので買い換えたい人
  • 着脱が楽なリストラップを探している人

などはぜひチェックしてください!

ちなみにこの商品は長さが二種類ありまして、

  • 20インチ(約50.8センチ)
  • 36インチ(約91.4センチ)

ですが、私は20インチの短い方を使っています。

長いと巻き付けるのに時間がかかるのと、手首がぎちぎちに固められて固くなりすぎてしまうからです。

個人的には短い方の20インチをおすすめしています。

スリングショット社のリストラップ

スリングショット社の創始者はマーク・ベルという世界でトップレベルのパワーリフターです。

要するにスゴイ選手が開発した商品ということですね。笑

スリングショット社のリストラップは全てIPF(国際パワーリフティング連盟)公認品です。

これはどういうことかと言うと、全てのパワーリフティングの公式大会で使用可能ということです。

商品に対しての信頼性を裏付けになるかと思います。

またパワーリフティングの試合に出ないよ!って人も遠慮せず使ってください。

私も長年試合には出ていませんが、この商品を愛用しています。

柔らかすぎず、固すぎずちょうど良い固さ

今まで色々なリストラップを試してきましたが、柔らかすぎる物だと高重量の時に手首に不安があります。

以前はゴールドジムのリストラップを使っていましたが、ベンチプレスでは100kg近くの重量になると手首に痛みが出てきます。

逆に固すぎるものも試しました。

ほとんど手首に木の板を巻きつけているような感覚で、手首の柔軟性は全くなくなってしまいます。恐らくその手のリストラップは重量級の選手が200kgとか300kgぐらいのベンチプレスをする時に使うものだと思います。

gangstaのリストラップは柔らかいものと固いものの中間くらいの固さで、非常に使用感が良いです。

全くの初心者の人には少し固いと感じるかもしれませんが、すぐに慣れるし、この程度の固さが必要なレベルになるかと思います。

初心者には早いのでは?と恐れずに最初から導入しても問題ないです。
どうしても固さに不安がある場合は、スリングショットにもう少し柔らかいモデルがあります。

こちらを試して見るのも良いと思います。↓


リストラップ 手首 固定 保護 サポーター マルチラップ(スリングショット)Sling Shot(筋トレ 筋力トレーニング リフティング パワー ウエイト ウェイト トレーニング)

※こちらは現在Amazonでの取り扱いが無いようです。

巻き方のバリエーションが多い

ほとんどのリストラップは親指にゴムの輪っかを引っ掛けて手首に巻き付けるものが主流です。

親指にゴムを引っかけるタイプ

この巻き方でも当然問題ありませんが、私はgangstaのリストラップ特有の巻き方が心地良すぎて感動しました。

以下、私がおすすめする巻き方です。

  1. gangstaリストラップのゴムを外側に返して、先端をゴムに通します。
  2. そして手に通して、手首の関節の1〜2センチの位置でリストラップを指で押さえながら巻きます。一周したら指を離しても大丈夫です。
  3. そして残りもテンションを掛けながら巻いて、マジックテープを付けて完成です。

ちなみに巻く方向ですが、私は左手は反時計回り、右手は時計周りで巻いています。

左は反時計回り、右は時計回り

従来の親指にゴムをかけて巻くタイプだと、巻き終わった時にゴムがビロビロしていてどうしても気になっていました。なんとなく違和感があるような…。

しかしgangstaリストラップのこの巻き方では手首周りがスッキリしていてとても快適で、これがもっとも気に入っているポイントです。

人によって快適な巻き方は差があると思いますが、数種類の巻き方ができるのでgangstaリストラップをおすすめします。

セット間の休憩時も快適

ベンチプレスなど種目をこなしている間はリストラップがきつめに巻き付いていて窮屈ですが、セット間の休憩時にはリストラップを外しますよね?

毎回付けて外し手を繰り返すものだから、その着脱が楽な方が良いに決まっています。

gangstaリストラップはその点も優れていて、私が紹介した巻き方ならとても楽です。

セットを終えたらマジックテープを剥がして、緩めてから再度貼り付けるだけです。

これだけで手首に窮屈感はなく、血流も止まりませんし、ゆるゆるで手から外れそうになったりしません。

この状態で飲み物を飲んだり、プレートの付け替えができます。

まとめ

ということで、今回は私が愛用しているgangstaリストラップのレビューを書きました。

とにかく使用感・使いやすさが良い!

というのが一番のおすすめポイントです。

初めてのリストラップが欲しい人や、新しく新調したい人はぜひ試して下さい!

私はおそらくこのリストラップを使い続けます。

痛んでボロボロになって買い換えるとしてもこのgangstaリストラップを買いますね。

余談ですが、現在1年以上使い続けていますが全くヘタレる様子はありません。まだまだ元気に使っていけそうです!