ETFとは?ETFのメリット

米国株
応援お願いします!
PVアクセスランキング にほんブログ村

私の投資方針ではETFを主軸に資産運用を行うと書きました。

投資経験のない方にとってはETFが何なのかわからない方もいると思いますし、ぼんやりとした理解のままETFの取引をしている方もいると思います。
そこでこの記事ではETFがなんなのか、そして私が考えるメリットをまとめていこうと思います。私自身も再確認する意味合いもあります。
またこの記事でのETFとは米国のETFであることを前提とします。

そもそもETFってなに?

野村アセットマネジメントより引用

ETFとは”Exchange Traded Fund”の略で、日本語では上場投資信託のことを指します。
「投資信託」なら聞き覚えがある方もいるでしょう。投資信託は一言でいうと、多数の投資家から集めた資金を、資産運用の専門家が個人に代わって運用する金融商品のことです。
投資のことがまったくわからない人でも、専門家が代わって運用してくれるならいくらか安心できますよね。

一般的に言われる「投資信託」と「上場投資信託(ETF)」は異なるものですが、とても似ているので詳細の説明はここでは省略させていただきます。

そもそもETFってなにか?というと、資産運用の専門家がプロの運用をしてくれる金融商品のことです。

ETFの投資対象

ETFには投資対象というものがあります。
例えば、株・債券・不動産(REIT)などが挙げられます。
また更に細分化された投資対象もあり、一言で株と言っても「大型株」、「中小型株」もあれば、「高配当銘柄の株」なんてものもあります。
債券も同様に「国債」、「社債」もあれば、「低格付けで利回りの高い債券」なんかもあるわけです。

ETFでは銘柄ごとに投資対象が決まっており、その枠組みの中で専門家が運用を行っていくわけです。

ETFを選ぶということは、そのような投資対象に注目して自分のポートフォリオを作っていく作業ということです。
私の投資方針の株と債券の保有する比率についても、投資対象を気にしながらETFの選定をしていくことになります。

ETFのメリット

ETFは専門家が運用してくれるという安心感だけでなく、個人投資家の大きな力になるメリットがあるのです。

私がETFを主軸にする理由となったメリットを紹介します。

少額で分散投資ができる

私個人としましては、少額で分散投資ができることがETFの最大のメリットだと思っています。分散投資=リスク分散ですので、価格変動に依って損する可能性を低くする効果に期待しています。

特に私はインカムゲイン狙いの資産運用を行いますので、リスク分散がとても重要になってくるのですが、ETFなら少額でそれを実現できるのです。

ここでETFを一つ紹介します。
SPDRダウ工業株平均ETF(DIA)という銘柄ですが、これはダウジョーンズ工業株価平均に連動するETFで、以下がその組込上位10銘柄です。

運用会社ステートストリートより引用


そして下の表が、それぞれの銘柄の株価です。

銘柄名2019.12.2終値
ボーイング355,18ドル
ユナイテッドヘルス279.66ドル
アップル264.16ドル
ゴールドマンサックス217.64ドル
ホームデポ217.62ドル
マクドナルド195.18ドル
VISA181.79ドル
3M168.27ドル
ウォルトディズニー150.62ドル
マイクロソフト149.55ドル
合計2,044.67ドル

仮に上記10銘柄を個別に1株ずつ買うとしたら、2,044.67ドル必要になります。

一方ETFのDIAの株価は278.20ドル(2019.12.2終値)です。

DIAは全部で30銘柄を組み入れていますので、上位10銘柄を1株ずつ買うだけでも2,000ドル以上必要なところ、278.20ドルで30銘柄に分散できるということです。

30銘柄全てをそれぞれ1株買うとしたら、2,000ドルどころで済まないはずです。

ETFの中には500銘柄を組み入れているものなどもあります。個人で500銘柄を個別株で買うとなると莫大な資金が必要になりますが、ETFなら手軽な額で500銘柄に分散したのと同じ効果を得られるのです。

これが私がETFに見出した最大のメリットです。
個人投資家はETFを積極利用するべきだと思っています。

個人が扱いにくい商品に投資できる

私が思う2つ目のETFメリットは、個人が扱いにくい商品を専門家が運用してくれることです。

個人でも株なら経験がある人もたくさんいるでしょう。
比較的仕組みがわかりやすいからです。
中には、国債や債券を扱ったことがある人もいるかもしれません。

私が言う個人が扱いにくい商品とは、例えばハイブリッド証券などです。

ハイブリッド証券とは、債券、株式の性質を併せ持つ(ハイブリッド)証券のことで、具体的には劣後債や優先証券などが挙げられます。

債券としての性質
クーポン(利息または配当)が定められており、満期や繰り上げ償還時に額面で償還します。

株式としての性質
経営環境などにより、利息または配当の支払いや繰り上げ償還が見送ることができるなど、発行する企業にとって資本性があります。(ハイブリッド証券の一部には、利息や配当の支払いを繰延あるいは停止できる利払繰延条項が付与されているものがあります。)

ハイブリッド証券は国債や普通社債と比較して、相対的に利回りが高い傾向があります。

理由として、信用リスクのほか、法的弁済順位が普通社債に劣後する点や、繰り上げ償還の延期や利息または配当の支払いが繰延あるいは停止される可能性がある点などハイブリッド証券固有のリスクの存在が挙げられます。

大和証券投資信託より引用


上記引用のような説明で、正直いったいどういう金融商品なのかすぐにわからないと思います。
ファンドマネージャーや豊富な投資経験がある人なら良いかもしれませんが、ほとんどの個人投資家はぼんやりとしか理解できないはずです。

このような商品を専門家が運用してくれるETFがあるというのが、私がメリットを感じている理由です。

複雑でわかりにくい金融商品はたくさんありますが、それぞれメリットがあるから存在しています。

しかし、わかりにくいというだけでそのメリットを享受できないのは弱小個人投資家にはリスクと考えることもできます。
そこでETFを通してプロ向けの個人が扱いにくい商品に投資するわけです。

例として、ハイブリッド証券の1つとして優先株というものがあります。優先株とは、普通の株よりも配当を優先して受け取ることができる代わりに議決権の行使ができない株式のことです。

この優先株を投資対象としたETFがあります。
iシェアーズ 優先株式 & インカム証券(PFF)です。

iシェアーズ 優先株式 & インカム証券 ETFは、米ドル建て優先株式・ハイブリッド証券を対象とした指数と同等の投資成果をあげることを目指しています。

運用会社ブラックロックより引用


PFFは2019.12.3時点で配当利回りが5.71%ある魅力的なETFです。
私自身もポートフォリオに組み込みたいと狙っています。
ETFのおかげで優先株に投資できるわけですので、これはETFの力強いメリットだと考えます。

  • 少額で分散投資ができる
  • 個人が扱いにくい商品に投資できる

以上の2点が、私がETFに強く感じるメリットです。

「ETF メリット」で検索すれば、他にもたくさんメリットを書いた記事が出てきますが、私個人としては上記2点のメリットを享受したくてETFを主軸にすることにしました。

じゃあデメリットは?

私が考えるETFのデメリットはほぼないのですが、2点ほど振り絞ってみました。

  • 信託報酬のコストがかかる
  • キャピタルゲインを狙いにくい

信託報酬のコストがかかる


信託報酬とは、個人に代わってプロの運用をしてくれる専門家に対して払う手数料のようなものです。
「ETFの純資産総額に対して何%」という形で銘柄ごとに決まっていて、毎日の取引の中で差し引かれています。なので、大引け後に表示されているETFの価額は信託報酬が差し引かれた後の価額ということです。

ETFによってその料率は差がありますが、安いものだと0.03%なんてものがあります。信託報酬何%というと、それは年間で何%ということです。
つまり、例えば信託報酬が0.03%のETFを10,000ドル分買ったとして1年間保有したとすると、かかった信託報酬は3ドルです。
日本円にしておよそ330円にも満たないのです。

ものすごい安いと思いませんか?
むしろ、プロに運用してもらってその程度の手数料で良いの?とすら思ってしまいます。
なので、私としてはデメリットとして感じていませんが、個別株と比べると余計にかかるコストなのでデメリットとして挙げさせてもらいました。

サイトによってはコストが安い!ということでメリットとして紹介しているものもありました。

キャピタルゲインが狙いにくい

2つ目に振り絞って出したデメリットは、キャピタルゲインが狙いにくいということです。

ETFの特徴・メリットとして、数多くの銘柄に分散投資しているため、個別株のように短期間で大きく値上がりをすることがほとんどありません。

メディアで紹介されるような「億り人」と呼ばれる、株取引等で短期間で財を成した人たちは、この値上がり益が利益の大半のはずです。

しかし、私は長期投資でインカムゲイン狙いなので、このデメリットは無視しています。デメリットとも思っていません。
なので基本的にETFに対して不利な点を感じていないのです。

キャピタルゲイン狙いで買った銘柄が大暴落した場合のダメージを考えると、分散投資をしてできる限りリスクを減らすことの重要性がわかります。

とりあえずETFを買えば良い

私が考えるETFのメリット・デメリットを紹介させていただきましたが、資産を守りながら着実に増やしていきたいなら、とりあえずETFを買えば良いということを言いたかったのです。

もちろんETFだからと言って、絶対損しないということはありませんが、地道にコツコツと増えていく可能性が非常に高いと思います。

個人投資家が機関投資家や証券会社のようなプロの運用を気軽にできるというのはとても力強いですよね?

私はETFの力を借りて資産形成を頑張ってまいります。